セブ島へ観光に行こう|ストレス発散に最適

飛行機とパスポート

熱帯でバカンス

飛行機と人形

常夏の島

セブ島はフィリピンに所属をしている島で、赤道に近いので1年間を通してマリンスポーツなどを楽しむことができるビーチリゾートです。近年、フィリピンが国を挙げて経済発展をさせているエリアがセブ島で、東アジアの各地から観光客を呼び込もうとしています。日本からセブ島に行く方法もかつては直行便が東京からしかなく交通が不便だったのですが、近年格安航空会社が日本とセブ島を結ぶことになったことでアクセスが一気に便利になり観光客が増加をしています。セブ島への観光を考えている人の基礎知識として常夏の島であることを意識しておくことが大切です。1年を通してマリンスポーツを楽しむことができるので服装も半袖で十分です。島内には日本人観光客をサポートしてくれるような旅行会社やツアー会社、さらにはマリンスポーツのインストラクターをしてくれるようなショップが数多くあるので利用をすると便利です。これらの会社はインターネットで広告を出していることが多いので、予約などの手配はすべて日本語で行うことができます。気を付けておきたいのが虫対策と天候です。セブ島は常夏の島でありますが太平洋上にあります。このため台風が発生をしやすく、マリンスポーツなどに影響を与える可能性があります。また、湿気が多いために蚊などの虫も多く生息をしています。現地がどのような状態であるのか、何に気を付けるとよいかといった情報収集をしっかりとしていくのが良いです。

男性

非日常を楽しめます

バリの魅力はまず、ヴィラという一軒家のような施設を、貸し切りで宿泊できるサービスがあることです。そしてバトラーという専用スタッフがつき、敷地内の移動や予約を頼むこともできます。またバリには、伝統工芸品や雑貨など魅力的なお土産があります。物価も高くないので、ショッピングを楽しむのもオススメです。

女性

アジアを旅するために

アジアの観光旅行で最近人気なのがネパールです。ネパールの観光スポットはエベレストやカトマンズ市内です。料理も美味しくて非常に魅力的な国です。旅行会社の観光ツアーを利用するのがオススメで、旅行代金は20万円前後です。

パスポートと鞄

神秘と感動の国へ

ペルーは南アメリカの西部に位置する人気の旅行先です。ナスカの地上絵、マチュピチュ、イグアスの滝など数多くの観光スポットがあり、歴史や文明を壮大なスケールで感じる事が出来ます。あまりシーズンも問わず、食事も日本人好みの魚介類が豊富です。少し遠いですが、特別な思い出作りにオススメの旅行先です。